<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

編み物

厳しい寒さが続いています。
数日前には雪も降り、大寒そのものになりました。
北日本や日本海側の大雪がニュースで流れ、除雪費用もとても足りないとか。
気象の現象は人間の力ではどうにもならないとはいうものの、
大変な映像を見ると、寒気団がさっさと去っていけばいいのにと思ってしまいます。


こちらの周りの雪は融けましたが、朝は霜が降りて畑が真っ白になる日が続いています。

出先から帰ると良い香り。
遅まきながら蝋梅が咲き出しました。
b0116540_16562512.jpg

この冬は寒いのか、まだ蕾のままのが沢山あります。



年が変わっても編み物熱は冷めていません。
暇をみつけてはせっせと編み棒を進めています。

旅行か帰って仕上げたベスト2枚。
この冬の厳しい寒さにはベストなど何の役にも立たないと思いながら、でも少しはお役に立ててもらえるかと思いなおし、東北応援グッズとして送りました。
b0116540_16171144.jpg



余った毛糸で帽子も。
b0116540_16172422.jpg

こちらは、自分用として使おうかと。
買い物などに出かけるときに使ったら、なんと暖かい事。
おまけに髪の乱れも隠せますし、ズボラな自分にはもってこいの代物です。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-01-26 17:01 | 手仕事 | Trackback | Comments(2)

両槻会

第30回定例会に参加しました。
今回は講演会、演題は”仏教伝来の頃の飛鳥”。


午前に、講演会をより理解するための現地散策がありました。
近鉄飛鳥駅前で受付を済ませ、30ページにも及ぶ資料をいただき、いざ現地へ。
最古級寺院坂田寺跡へ、飛鳥寺と並ぶ最古級の寺院です。
創建は諸説あるなか、現在発見されている遺構は奈良時代のもので、創建期の伽藍は未だ発見されていない模様。
その奈良時代の坂田寺遺構を訪れました。
b0116540_20523890.jpg

井戸やマラ石は残されb0116540_21133066.jpgb0116540_215242.jpg



小さな公園にはなっていますが、遺構は道路に切られ、そしてその建物の上には民家が建っています。
南面回廊、東面回廊跡又2重基壇になっていた仏堂跡は石組みになっていました。
b0116540_21182935.jpg


遺構略図を手に色々説明していただき、半分判ったような気に、、、
ただ個人的にここへ来ても何も判らないであろう事を思うと、色々調べ資料にしてくれたスタッフには本当に頭が下がります。


その後、昼食に飛鳥鍋をいただきました。
b0116540_21261311.jpg




午後は飛鳥資料館での講演会、前奈良文化財研究所所長・田辺先生の「仏教伝来の頃の飛鳥」。
仏教伝来とは・に始まり、直接発掘に携わった坂田寺と発掘裏話、飛鳥の代表的な寺院の瓦や方位について、倭京についてなどなど、スライドや年表を見ながらの丁寧な説明でした。


その後、打ち上げ宴にも仲間入り。
HNを知ってるだけの方でも、以前からの知り合いであるかのように打ち解けて歓談。
いつもながらの美味しい料理と楽しい話、深刻な話、色々為になる時間を過ごせました。

2泊3日で来る人・なんて冷やかされますが、大変貴重な時間をすごせました。
お世話になった方有難うございました、という気持ちで一杯です。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-01-24 21:52 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

法隆寺

ン十年ぶりの法隆寺です。

駅は初めて、どんな駅かと色々想像していましたら。
b0116540_18353632.jpg


駅構内の案内所でmapをいただき、歩いて向かいました。
道には、案内板が埋め込まれています。
b0116540_1839106.jpg

10分ほど歩くと、それらしい緑が見えてきました。
緑の参道を進み
b0116540_18543477.jpg

南大門(国宝指定)に向かいます。
b0116540_1911962.jpg

南大門は1438年に再建されたものだそう。

この南大門の前で観光協会(だったと思いますが)の方に話しかけられましたが、よく聞き取れませんでした。


門をくぐり西院伽藍に進みます。
左手に進むと、池があり(弁天池)その前側にあるのが三経院(国宝指定)
b0116540_202469.jpg
屋根が印象的でした。

中門(国宝指定)
b0116540_20283247.jpg

パンフレットには ”深く覆いかぶさった軒、その下の組物や勾欄、それを支えるエンタシスの柱、いずれも飛鳥建築の粋を集めたものです。”とあります。
そういえば柱は中ほどがふっくらと丸みをおびていました。
シルクロードを経て伝えられた文化なんでしょうねぇ、突然世界が狭く感じられました。

金堂と五重塔(国宝指定)
b0116540_20394621.jpg

金銅釈迦三尊像、金銅薬師如来像、金銅阿弥陀如来坐像、四天王像などが安置されています。
金堂に入ると男性が二人、一人が説明をしていました。
案内をしていたようでした。
南大門のところに居た観光協会(?)の方が案内と説明をしていたようで、その時になって案内をお願いしなかった事を悔やみました。


東院伽欄にある夢殿(国宝指定)
b0116540_21281954.jpg

もっと小さかったように覚えていますが、一回りして意外と大きかったと実感しました。


現在法隆寺には国宝、重要文化財に指定されたものが190件、点数にして何と2300余。
時間の制約もあり、見られたのはほんの一部、じっくりと回れなかったのですが、でも満足の法隆寺でした。


そのあと少し離れた藤ノ木古墳を見学。
b0116540_21544885.jpg

二人合葬されていた古墳で、副葬品が多く発掘で馬具や武器・土器などが出土されました。

小さな古墳と聞いていましたが、想像していたより大きく綺麗に整備されていました。
副葬品などからそれなりの立場・地位に居た人ではないかと考えられ、その本を読んだ時から一度目にしたいと思っていた古墳です。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-01-21 22:10 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

初歩き

鉄道会社主催の新年初歩き「寄居十二支で開運祈願」、初ウォークしてきました。

七福神めぐりは各地歩いた事がありますが、十二支守り本尊霊場は初めてです。
というか、そういうのがあるのを知りませんでした。


寄居駅をスタート、放光院
b0116540_1474448.jpg
西念寺
b0116540_148876.jpg
天正寺
b0116540_1484986.jpg
西龍寺
b0116540_1491913.jpg

など御参り。


最後の少林寺は羅漢山中腹にあり、山頂までのらかん道には沢山のらかん像が並んでいることで有名なところです。
お寺は現在修復中でした。
b0116540_14181724.jpg

中もちょっと見てみましたら、足場が厳重に組んであり立派な天井。
b0116540_14193778.jpg

b0116540_1420681.jpg

途中というのは興味津々で、工事中の様子に感心しながら見られました。


昨秋踵を痛めて以来のウォーキング。
マイペースのゆっくり歩きを心がけましたが、時折足首がジンジンしています。
足の具合が心配でしたが、折角ここまで来たのですもの、羅漢山を登り円良田湖まで足を伸ばす事に。
岩の上に枯れ葉ののぼり道。
滑らないようにとの注意書き。
足元に気をつけながら、らかん像を見ながら、ひざや踵を心配しながら、の登り道。
周りを見る余裕などあまり無く、らかん様もじっくりとは見られませんでした。
ところどころ平らな場所で写したものですが。
b0116540_14345796.jpg
b0116540_14352321.jpg
b0116540_14353875.jpg
b0116540_14355298.jpg

大きさやお顔立ち、姿かたちがさまざまです。

らかん様には関係ないのですが、ふと”みんな違ってみんな良い”という言葉が浮かびました。



円良田湖では魚釣りのボートも出ていました。
b0116540_14425065.jpg

空と湖一面の青、気持ちよい景色でした。


この日、歩行距離は約12Km。
歩数計を忘れたのですが、電車で隣に座った人が19,000と話していました。
暫らくぶりにしては、歩きすぎたかなと思いながら帰宅。

一日おいて、きょうは足の具合は悪くはなってないようです。
ほっと一安心。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-01-09 14:58 | ウォーク・ハイキング | Trackback | Comments(4)

あけましておめでとうございます

辰年の元旦があけました。

ニューイヤー駅伝を見ながらのんびりと過ごしています。


新たな年一番に願う事は、震災の復旧復興そして原発事故の本当の収束。
ささやかでも自分に出来る事をやり、震災を忘れないように過ごしていこうと思っています。


今年の目標なんていう程大げさではありませんが、気持ちを平らに健康に留意して行きたいと思っています。
拙い日々の雑記ブログですが、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-01-01 09:27 | Trackback | Comments(2)