逃げる二月

二月もきょうで終わり、明日から三月に入ります。
一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、、、、とか聞いたことが有りますが、
月日の経つのは速い事、年々感じます。

今年は一月の中旬から今月の中ごろまでの約一カ月間、思いがけずに体調不良に見舞われて、
臥せっている時は考えが悪い方へ悪い方へとどんどん進み、
このままの状態が続くのかしら、と、大きな不安で過ごしたものでした。

先週あたりから序序に体調にも自信が持てるように感じ、思い切って上野に出かけました。
都美術館で開催の書道会の展覧会・競書大会、それと博物館での開催の春日大社展。
b0116540_19235255.jpg
こういうのは期間が決まってるので、期日を逃すと「次今度」は無いので、
体調が一番の不安事でしたが、二つとも無事観賞でき心うきうきでした。



きょうは暖かな良いお天気、庭の草取りも少し出来ました。
他所の御庭で見かけるクリスマスローズもカメラに収め
b0116540_19245913.jpg
植えっぱなしのチューリップも沢山芽をだしているのに気が付きました。
b0116540_19244918.jpg
花を咲かせる頃には娘の所に行く予定、どんな色の花がさくのかは判りません。


外の庭、この時期は花が少なくて早生の水仙が咲いてるのみの庭です。
b0116540_19243240.jpg
体調が戻ってきて庭に出て、黄色い花から元気を貰いました。
植物って良いですね。


[PR]
# by nyakkpenn | 2017-02-28 20:44 | 日常 | Trackback | Comments(2)

立春を過ぎても寒い日々

立春は過ぎたものの、寒い日が続いています。
クリスマスローズが咲いたかしらと探してて、福寿草を見つけました。
b0116540_18524005.jpg
花が年々少なくなってるように感じます。
去年株を少し弄ったのでその影響かもしれません。

少しはなれたところで同じ黄色の水仙も咲いてました。
b0116540_18534988.jpg
この株は毎年一番に咲きます。
同じ様なラッパ水仙は4月に咲くのですが、これは早生品種なんでしょうね。

早咲きの日本水仙は葉ばかりが茂って
b0116540_18544844.jpg
手入れが良く分かりません、他所では背丈も高く花が沢山咲いてるのを見かけますけどね。

ヴィオラは貧弱で見るかげもありません
b0116540_18543101.jpg
栄養不足なのかしら。



暖かさに誘われて思いついた落花生の殻剥き、外でしたい仕事なので風の無い暖かい日でないと作業できません。
午後になって少し風が出て来たので、一時間ほどで中断です。
今まで時々少しずつ進めているので、残りがだいぶ少なくなりました。
日誌によると、去年はお正月に終わった作業です。
今年のお正月は色々忙しかったので、作業も遅れ気味、でも誰に何を言われる訳でも無いので、マイペースで。


3日に造り始めた醤油麹が出来上がったようです。良い香り~
b0116540_18541220.jpg
造り始めは
b0116540_18015682.jpg
こんな感じなので、見た目も随分違います、麹の粒も柔らかくなり色も大分濃くなりました。

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-02-11 19:47 | Trackback | Comments(6)

体調も回復しキッチン作業など

あっと言う間に立春も過ぎ、何と月日の経つのが速い事。
他所様のブログで梅の花を見かけ、
我が家のはどうかしらと庭に降りました。
咲き始めていました、
b0116540_18021180.jpg
余裕が無くて気が付かなかった、、、。

日ごろ全くお世話をしていないくせに、花を見ると気持ちがどんどん先へ先へと、、、
今年の実は豊作かしら、
今年は梅干しを作ろうかしら、梅ジュースはどうしようかな、、、


夫が使った麹が残っていたので 暫くぶりに醤油麹などを、と。
b0116540_18014169.jpg
造り方は簡単。
簡単な事しかしない私。
初めに良く揉み同量の醤油を良く揉み込みます、(実は手が汚れて嫌なのでスプーンで良く混ぜただけ。)
この寒さではちょっと寒過ぎと思い、ストーブの前に暫く置いておきました。
b0116540_18015682.jpg
翌日見ると麹がすっかり醤油を吸いこんで固まっていたので 醤油を足し更に良く混ぜ込む。
今日で三日目、毎日混ぜ空気に触れさせるのですが少し柔らかく又色も濃くなってきたように感じます。
寒さに負けずに上手く出来上がって欲しいなぁ。


食べきれない蜜柑がまだまだ沢山。
又ジャムを作りました。
b0116540_18012286.jpg
数えなかったけど20個くらい剥いたかしら、
皮剥きしたもの1,6キロと今回は砂糖を300グラム。
前回より多目の砂糖を使ったのは、保存の事を考えてだったのですが、
甘く出来たのですが、保存するには砂糖の量をもっと多くした方が良かったかもしれません。
とっとと食べなくちゃ。


[PR]
# by nyakkpenn | 2017-02-05 18:34 | キッチン | Trackback | Comments(2)

大寒

寒の入りから大寒へと寒さもどんどん厳しくなり 今年は特に全国的に大雪の被害に見舞われ、
道路渋滞や屋根の雪下ろしなどのニュースが多く報道されています。
幸い当地では降雪は無いものの、でも強風が吹き荒れる音が聞こえてきます。

聞こえてきた・不覚にも丁度その時期体調をくずし伏せていました。
めまいで起き上がる事もできず、目を開けられず、耳から入る風の音を聞いていた二日間。
三日目にやっと起き上がり、トイレも済ませられ、さ湯も飲めるようになり、
四日目にお粥やうどんも口に出来るようになり、きょう床上げ(?・と言っていいのかしら)できました。
四日間も寝てしまい、1人暮らしだとどうなってしまうのだろうと色々考えました。
普段はうっとおしく思っている夫が声掛けしてくれるのを、有りがたく思わなくちゃかしらと考えたり、、、

具合が悪く伏せていると、何もかも悪い方へ悪い方へと考えが巡ります。
挙句は、友人の事を思い出したりして、、、
その友人は、風邪気味だからと前夜早寝したものの翌朝なかなか起きて来ないからと家族が起こしに行ったら亡くなっていたのです。
幸いそんな事も起こらなく、きょう起きられてホッと一安心。
先ほどやっと洗濯を済ませ、幸いの晴天に布団を干し、コーヒーも飲めるようになり、ゆったり気分を味わえるようになりました。

加齢と共に体力が衰えてきてるのを嫌でも実感せざるを得ません。
中断しているウォーキングなども少しずつ再開しなくてはと思っています。

起きられると、身の周りに見えるものがやたらと目につきます。
諸々の片付け、目に付く綿ぼこり、細かなゴミ等々、
今週は動きを控え、体力の快復に努めなくては。

とりあえず今日は暫く出来なかった硬筆でも、
b0116540_12210873.jpg
毛筆は墨を磨らないとできないけど、硬筆ならば道具を広げるだけでできますから、
手軽にすぐ始められます、終わりの片付けも楽ちんです。


[PR]
# by nyakkpenn | 2017-01-26 13:44 | Trackback | Comments(2)

蜜柑ジャム

一昨日から全国的に荒れ模様、北日本・日本海側・太平洋側に至るまで大雪です。
広島も大雪、名古屋も大雪、昨日京都で開催された全国女子駅伝も雪に見舞われて、
こんな天候でも走りは中止にならないんだなと、変に感心してしまいました。
センター試験も丁度、というか毎年のようにですが天候にたたられて受験生の皆さん大変な思いをされていました。
雪下ろしなどで、被害が出ないと良いのですが。

幸い、というか当地では雪に見舞われず外の水道管が凍ったくらいで済みました、
けど、寒いです。
寒さは、これからが本格的なんですけどね。


本当は、年内に収穫した方が良かった庭の蜜柑、
今年は色々あって作業が遅れ、14日に残り全部やっと収穫することができました。
いつまでも実を生らせておくと木に負担が掛かる・とかで、例年は年内に収穫を終わらせているのですが。
今年は、少しずれこんでしまいました。

無駄にしないためと、蜜柑ジャムを試しました。
外側の皮を剥き半分に切って
b0116540_19331108.jpg
1,2Kg。
砂糖は実の1/8量の150g。
始めてで判らないので、ネットで調べて同じようにやってみました。

b0116540_19333253.jpg
綺麗な黄色に仕上がりました。
保存には、砂糖量が少し少なめかなと思いましたが、味見するとと~っても甘い。
蜜柑自体の甘さでしょうか。
薄皮が残っているので、自分としてはちょっと気にはなったのですが。


きょう、子守手伝いに息子の所へ行ったのでひと瓶持って行きました。
御嫁さんと孫が味見して美味しいと言ってくれて、
薄皮は気にならないそうなので、次回行く時又持って行くことにしました。
何しろこういう事をやるのは好きなのですが、自分では余り消費はしないので、
消費してもらうのはおお助かりです。

まだまだ蜜柑は沢山残っているので、
ジャムももっと作って その他にも何か消費できないかしらと考え中です。
折角収穫したものですから、何とか無駄にはしたくないものです。

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-01-16 20:24 | キッチン | Trackback | Comments(2)