岩村城址へ

名古屋滞在中 かねてから訪れたいと思っていた岐阜県の岩村城址に足をのばしました。

百名城に入り、三大山城のなかで一番の高地に位置する岩村城、建物が壊されてるので城址になりますが、別名霧ケ城とも言われているそう。
岐阜県指定史跡になっています。

中央線恵那駅から明知鉄道に乗り替え
b0116540_08274913.jpg
b0116540_08280650.jpg
もっとレトロな電車を想像していましたが、普通の列車でした。
駅では”きのこ列車” のPRがあり、途中それとすれ違いました。
b0116540_08282164.jpg
岩村駅
b0116540_08265357.jpg
マンホールです。
b0116540_08271677.jpg
恵那市にあるのですが、いわむらの表記ですね。
風情ある城下町を進み
b0116540_08290044.jpg
登山口に到着
b0116540_08292017.jpg
登山口と思ってましたが、登城口でした。
でもここからは登山です、石畳の急な上り坂道、
ずっと雨続きで濡れていて、落ち葉も沢山落ちていて、滑り易く歩きにくい登山道でした。
b0116540_08294950.jpg
前にも後ろにも人影は無く、薄暗くてカーブで先の見通しの利かないちょっと不気味な感じもしました。
1人じゃ来られなかったかもしれません。
写真を撮るとき同行の小5の孫曰く「見えないものが映るかも~」
そんな言葉も「そうかもね~」と感じるくらいでした。
明るくなってきて話し声も聞こえてきたら石垣が現れてきました。
b0116540_08301447.jpg
b0116540_08303336.jpg
見事な石垣の数々、本丸・二の丸・出丸・帯曲輪・東曲輪・八幡曲輪・・・・
建物は残ってませんが、大きく立派な城であることが十分わかります。
700年間に渡った城が明治になって壊された事、今おもうと残念ですね。

この日歩数13,000余でした。
歩きにくい道で変に力がはいり、ちょっと疲れましたが、
行きたい願いが叶い、見事な石垣に感動、孫とも一日一緒に居られ、良い一日でした。

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-10-26 09:46 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

インゲンの収穫

台風21号が列島に接近してきました。
雨脚も一段と強くなってきており、大きな被害が出ない事をただ願うばかりです。

2週間ほど娘の所に出かけておりましたが、
台風の進行より一足先に帰宅の途につきました。

静岡、神奈川、東京、埼玉と進むにつれ雨も少なってきました。
本格的な 台風による暴風雨はこれからなんでしょうね、被害が無いと良いのですが。。。

地元に着きマイ畑の中を通って帰宅しました。
白菜が大きく育ってたのにビックリ、
出かける前はまだ巻き始めたばかりだったのが2週間経った今白菜の形をしている、丁度成長期だったんでしょうか、生命力を感じます。

家に入り荷物を下ろし、早速インゲンを収穫しました。
食べごろは過ぎてて豆になりそうなインゲン、
b0116540_20234205.jpg
このザルは直径35センチなので、インゲンの大きさが判るでしょうか。
20センチを超えてるインゲンが沢山、、、
インゲン豆になっていそうです。
野菜を育てるのは難しい~
適期に収穫するのも難しい~(いつも家に居なくちゃならないんですものね)

明日以降天候を見ながら、他の野菜を確認していこうと思います。
(それ程沢山の野菜が有るわけじゃ無いのですが。)

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-10-22 21:19 | ガーデニングと家庭菜園 | Trackback | Comments(0)

ひまわり畑

忙しさにかまけて記事アップが滞りがち、一か月も放りっぱなしにしてしまいました。
あれから、暑い日は数日有っただけで本当に涼しくなってしまい
何となく去年と同しような気候のように感じます。
残暑もないまま、涼しくなり、そして寒くなってしまうのでしょうね。

テレビで見たとかで姉に誘われて この時期に珍しいひまわり畑に行ってみました。
b0116540_16420660.jpg
8、800㎡の広さに約47,000本のひまわり、
キッズスマイルという品種で、7月26日に種蒔をしたと説明書き。

真夏に良く行くひまわり畑のような背の高さではなく、1mくらいの高さで、でも花は大輪でした。
テレビでは、花がみな上を向いて良い感じだったけど、雨の後だったせいか
花の重さのせいか、みな下を向いててちょっと残念な光景でした。
一画では摘み取りOKでしたが、↑のように咲いてる花は少なく、花の時期は終わりに近付いてました。
もう少し早く行けば良かった。
忘れなかったら、来年は早めに行ってみたいですね。


[PR]
# by nyakkpenn | 2017-10-04 17:05 | 日常 | Trackback | Comments(0)

このまま涼しくなっていくのでしょうか?

梅雨明け後時々は暑い日も有りましたが、
それまでの雨不足を取りかえす勢い感の、雨の日の多い夏。
9月に入って残暑も少なく、このまま涼しくなって行くのでしょうか~。
乾ききった大地には恵みの雨ですが、畑に残る夏野菜にはまだまだお日様の力が必要なのですが、どうなることやらー

冬野菜の畑の準備もそろそろ考えなくてはならなくなって、
夏野菜の整理を考えながら収穫しました。
連作障害を考えると、今植えてあるシシトウやオクラ辺りを整理しなくてはならないのです。
花はまだ沢山咲いてるのですが、、、
取敢えず実を収穫。

今夜は(考えて見ると、今夜に限ったことではありませんが)
収穫した野菜の料理になりました。
b0116540_20251742.jpg
茄子とシシトウの味噌炒め、茹でオクラとウィンナの炒め塩味。
これに、毎日食べている納豆か豆腐を足して、今夜の夕食。
まだ食べられそうなら、何か冷蔵庫から探し出しましょう。

考えて見ると、この時期野菜類は殆ど買いません。
買うのはキノコ類くらいでしょうか。

四里四方、という概念。
生きている自分と同じ土地の空気や水で育ったモノを体内に取り入れる。
自然と身体に吸収されるような気がします。
畑で育ったものを普段の食卓に並べるのは、まさにこの事かなと。
だからといって、遠くの産地で採れたものを拒否する訳ではないのですけど。
肉や魚は遠くのものだし、果物類も遠くの産地もの。
色んなものをスーパーで買っていますから。

さて、明日はどんな天候になることやら、雑草も伸び放題ですし、
涼しくなると畑の準備に気が焦ります。

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-09-06 20:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)

明日からもう9月

8月も今日で終わり、さしずめ”走る8月” といったところでしょうか、月日の経つのが早いです。

中旬には体調を崩しなかなか快復しなくて、
下旬に帰省予定の娘が来るまでに何とか治したいと気ばかり焦っていました。
幸い、起きて動く事もなんとか出来るようになり娘一家を迎える事ができました。
3泊4日とはいっても、来るのに一日・帰りに一日なので実動2日間。
何をしよう・何所へ行こう、色々話し合い結局上の子の希望の鉄道博物館に行く事になりました。
2~3度行った事があるのに、好きな処には何度でも行きたいのかな。
私も3度目(?)くらいでしたけど、少し変わってて時々リニューアルしてるんでしょうね。

翌日は、県内に住む息子一家も合流。
娘の上の子は午前中に夏休みの宿題・習字を書いていたのですが、
「着いたよ」の声が聞こえてきたら気もそぞろ、もう習字など上の空です。
名前を書いて仕上げるだけなのに、鉛筆で書くような書き方。
本文は上手に書けたのになァ~・少し残念に感じたのは私だけ?
夕方からバーベキューや花火で楽しみました。
翌日は仕事だという事で、息子一家はその日のうちに帰り、
娘一家は翌日、朝食後帰宅の途につきました。
楽しく慌しいあっと言う間の4日間でした。

今日は曇り空雨模様の、涼しい日、後片づけには天気の良い日が欲しいところですが、
晴れた日だと暑くて動けない、少しづつボチボチ進めましょうと思っているところです。


夏になると、当地では冷汁を良く作るのですが、
先日テレビで思いがけない材料の冷汁を見ました。

いつも作る冷汁のキュウリの替わりになんとゴーヤを使うというもの。
ゴーヤの種だけ取り除き(ワタは付けたまま)薄くスライス、ちょっと牛乳に付けて使います。
ゴマを炒って、味噌を加え、、、の手順は当地の冷汁と全く同じ作り方でした。
b0116540_18311118.jpg
ゴーヤは塩で揉む訳でなし、湯通しする訳でなし、でも苦みが殆どありません。
牛乳に通すことによって、苦みを包んでしまうという事でした。
ゴーヤでたっぷりのビタミン、牛乳でたっぷりのカルシウム、これは良いかも知れませんね。


今年は畑いっぱいに植えたバジル、保存に何か方法は?と調べ、ドライバジルを作ってみようと思い立ち。
レンチンしてみたのですが、
b0116540_18305332.jpg
色味は然程損なわれないけど、香りが殆ど失われてしまいました。
レンチンではなく、自然乾燥が良いのかしら、、
再度挑戦してみようと思いますが、
我が家では利用頻度が少ないかしら・と思ったり。
やっぱり生の方が使い勝手が良いように思ったり。

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-08-31 19:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)