夏日

今日は暑かったですね、夏日だったのでしょうか、一日乗り物の中でしたのではっきり判りませんが、。

新年度になって暫く娘のところに出かけていました。
4月頭の寒い頃行ったので、この暖かさで季節の進みをより一層感じます。
出かける時には蕾の確認もできなかった牡丹が、帰宅して花が咲いていてびっくり。
庭も、色んな花が咲きカラフルになっていました。

娘の所には庭も無く、土も無いので季節感が今一つ・ってところです。
孫たちは前回会った時より色々な面で成長がみられ、頼もしく感じられるようになってきました。

子供はどんどん成長し、自分はどんどん老人力が増して、って感じです。
お声が掛かったら応じられるように、健康に気を付けていかなくては・と考えながら帰ってきました。


[PR]
# by nyakkpenn | 2018-04-22 19:44 | 日常 | Trackback | Comments(2)

蜜柑をジャムにしてみる

蜜柑の大量消費を考え、ジャムにトライしました。
フワフワ皮で美味しそうな蜜柑・以外の、味に余り期待の持てないものを利用。
皮を剥く親指が少し痛くなってきて、作業にも飽きてきて、
今回はこれで進めようと、、、、。
小さく(一房を三っつ位に)切って、重量の30%の砂糖をまぶしておきました。
蜜柑の数は数えてないのですが、剥いた蜜柑の重量は1030g、ありました。
ひとつ100gにしても、たったの10個、大量消費には程遠い数でした。

砂糖をまぶしておくと、汁がたっぷりと出てきました。
b0116540_20584119.jpg
いつも作ってるイチゴやブルーベリーに比べて余りに多い汁の量です。

汁を分けて実の部分だけ煮詰める方法も有るようですが、
(その時分けた汁は、ゼリーなどにするため無駄にはならないのですが)
今回は、そのまま煮詰めました、時間が掛かりました。
b0116540_20585385.jpg
特に用意した瓶は無いので、手持ちの瓶に詰めて
b0116540_20590515.jpg
4本と少しできました。

これで、砂糖の量があれだけ・と考えると、、、、

保存を考えると致し方ないのかも知れませんが、
やはり果物は生のまま頂いたほうが良いかしら~・と思いました。

あしたからは、せっせと生のまま食べよう・と思ったジャム作りでした。

[PR]
# by nyakkpenn | 2018-01-14 21:24 | キッチン | Trackback | Comments(6)

あっと言う間に・Ⅱ

忙しない日々を送っているうちに、松のうちも過ぎてしまいました。
遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します。

正月には娘一家が顔を見せてくれました。
好評のテレビドラマだった”陸王”、娘のダンナさんは楽しく見ていた様で希望により、そのロケ地を案内したり、
買い物にみんなで繰り出したり、
又、二男が子供たちを連れて会いに来てくれて、
滅多に会う事がない従兄妹たちなのに仲良くキャーキャー騒いでいました。
顔を合わせるのは半年くらいぶり?でしたが、昨日の続きのように戸惑い無く楽しそうに遊んで 子供ってどうなってるんだろう・身内って何となく判るのかしらーと思いました。
ゲームや凧上げに興じて楽しそうでした。
双方の子供たちにとっても、普段と違う時間を過ごせて良かった~と思いました。


片付けものも済ませ、今日はやっといつもの平穏な日常に戻りました。

いつまでも実を生らせておくと木に負担が掛かるとかで、本当は年内に収穫を済ませたかった”蜜柑” ですが、昨日やっと収穫終了できました。
b0116540_18202634.jpg
今年は不作で少ないのですが、年内には知人にけっこう配りました。
残った実がこれだけ採れました、大きな段ボール箱一杯。
我が家だけではきっと食べきれないでしょう。

後で時間が出来たら、何かに加工しようかなと考えています。
ジュースにしても飲まないですから、ジャムにでもしてみようかなと思っています。
大量消費の何か良いレシピがないかしら・・・

[PR]
# by nyakkpenn | 2018-01-08 18:31 | Trackback | Comments(4)

あっと言う間に

中旬に5人目の孫が誕生しました。
二男の所3人目の子です。
ママの入院中子守の手伝い、上二人の面倒見のため出かけてました。
平日泊まり込みで手伝い、お弁当を作ったり、幼稚園にお迎え、夕食作り、パパが帰るまでの遊び相手、時にはお風呂に入れたり・・・etc.

洗濯はすべて二男がやってたので主に食事の支度と遊び相手だったのですが、
何しろ元気いっぱい、動きに付いて回るのは大変でした。

一緒に過ごして感じた事は、
娘のところでも感じた事ですが、今どきのパパは父親業を良くやると感心しましたよ。
父親が居ても全くの母子家庭だった我が家とは大違い!
時代背景も有るのかしら、イクメンという言葉も有る位ですから。。。
洗濯やキッチン仕事への手だし、子供たちへの接し方、比べる積りはないけどその頃のウチの夫は家庭人とは程遠かったなぁ~、
フラリーマンで連日の午前様、おまけに酔って迷惑を掛けられたり、私はひとりだった良くやった、今の言葉でワンオペ育児だったんだな、
今だったら分かれていたかも知れないな、
などなど、今更ながら色々考えました。


きょうは餅つきも済ませ、遅れていた外仕事が午後少し出来ました。
キヌサヤの越冬が心配で、藁を少し被せました。
b0116540_18070196.jpg
朝真っ白な庭を目にすると寒さに負けてしまうかと心配ばかりでしたが、
これで幾らかは寒さよけになるでしょうか、でも少し心配、自己流なので。


ブロッコリーも収穫できそうな位に育ってました。
b0116540_18064284.jpg
明日息子の所に持って行こうかな。


庭に白いものが見えて、陽のあたる所にノースポールが咲いていました。
b0116540_18062728.jpg
今から咲いていたら、これからの寒さに耐えて春を迎えられるでしょうか、寒さにやられてしまわないか心配。

今年は寒さが厳しいのか、
例年は年内に咲く蠟梅が今年は蕾の状態です。
b0116540_18060927.jpg
一輪も咲いてないなんて、植えてから始めてかもしれません。

夕方、郵便屋さんがドカッと荷物を届けてくれました。
開けてみたら、☆ご当選おめでとうございます☆ 目に飛び込んできました。
応募していた漢字パズルに当選したのです。
b0116540_18071676.jpg
何時のパズル誌だったのか、すっかり忘れていました。
本をひっくり返して探してみて春ごろの本だとわかりました。
よくあるプレゼントではなくて、パズル誌に紹介された書籍を希望者2名にプレゼントというもの。
沖森卓也著 ”日本の漢字1600年の歴史” という本です。

当選なんて滅多に有る事ではないので、びっくりしました。
パラパラっとみたところ、漢字という字だけの話ではないようで歴史的に見て日本語・日本人、日本の文化社会に与える影響などを解き明かす本のようです。
当然、仮名にも言及しているかと思うので、読むのが楽しみになりました。
一年間頑張ってきたので、御褒美をいただけたな~と都合よく解釈しました。
来年も何か良い事が巡ってくるように、健康に気を付けて頑張ろうと、、、単純な私です。


最後になりましたが、
休み休みのブログに御付き合いしていただき有難うございました。
皆様佳いお年をお迎え下さい。


[PR]
# by nyakkpenn | 2017-12-29 19:26 | 日常 | Trackback | Comments(2)

ブラタモリ案内人と秩父断層をめぐる

毎週楽しみに見ているテレビ番組”ブラタモリ” 、
この夏秩父が放送されたのですが、
その案内人から説明を受けられるハイキングを地元鉄道会社が開催しました。

秩父鉄道・武州中川駅スタート→若御子神社→若御子断層洞→清雲寺→札所29番(長泉院)→札所28番(橋立堂)→浦山歴史民俗資料館→浦山口不動名水→浦山口駅ゴールのコース、行程約4キロでした。
ジオ説明は若御子断層洞と橋立堂で受けられたのですが、
何度も行ってる秩父札所、受付時に渡された地図など見なくてもスイスイ歩けるのが裏目に出て、
ついうっかり断層の説明場所をスルーしてしまいました、失敗・失敗。

2ヶ所目の橋立堂では、しっかり説明を受けられました。
2億年掛けてできた石灰岩
b0116540_18113028.jpg
今まで何度も訪れてきた秩父でしたけど説明を聞きその現場を直接目にし、武甲山のことなど認識を新たにしました。
隣接して橋立鍾乳洞があるので、ン十年振り(かな)に入ってみました。
始めてではないのですがすっかり忘れていて、
狭く暗く急な梯子段のようなところも有ったりで、なかなか足が進みませんでした。
でも、一方通行で前に進むしかない!、
「明るくなってきたからもう出口が近いかな~」の声に最後の階段を力を振り絞って登り
やっと出口に到着。
同行の姉や姪親子を待たせてしまいました。

このあと浦山口駅でゴール、
丁度この日、”ちちてつマルシェ” というイベントが開催されていて、
ゴールの駅では地域の方によるお茶漬け等おもてなしを受けられました。
プレゼントの銀杏も頂けたし御漬物と暖かいお茶の接待を受けて、有りがたいことです。

このあと、二駅先の武州日野駅からハイキング②として紅葉に染まる安谷橋~SLを眺める~・というイベントに参加。
b0116540_18114405.jpg
秩父鉄道で一番高い安谷川橋梁を渡るSLを撮影するという事でしたが、SLの運行時間と合わなくてSLは見られませんでした。
深い谷の絶景で見事でした、紅葉には少し早かったようです。
この橋でも地域の方が集まっていて蕎麦がきやお茶のもてなしを受けました。
ホントに有りがたい事です。

この日歩いた距離は少なく、ハイキング①・②を足しても、12,000余歩でした。
この時期、暑くなく寒くなく身体を動かす最高の御日和です。

[PR]
# by nyakkpenn | 2017-11-06 19:00 | ウォーク・ハイキング | Trackback | Comments(4)