<< もち麦を使ったパン 落花生の掘り上げと再度干し柿作る >>

七五三

本来の”11月15日”より一日早く、今日は孫の七五三でした。
上の女の子七歳、下の男の子五歳、上手い具合に二人同時です。

二男宅地元の氷川神社で待ち合わせ。
少し早めに着いて近辺を散策しましたが、
天候に恵まれ、そして今日は”埼玉県民の日” で学校が休みだった事が影響してるのか、
沢山の七五三参りの家族の姿を見られました。
七歳の女の子は着物姿が多かったように思いますが、色とりどりの着物姿は本当に華やかで綺麗、
父親・母親とも家族揃っての着物姿も見られました。
着物っていいなあ~、こんな時日本人を感じてしまう私です。

息子の所では五歳の男の子はスーツ、七歳の女の子は着物でした。
b0116540_19202959.jpg
長く伸ばした髪を綺麗にアップに結ってビックリするほど綺麗な着物姿でした。

境内で肩をたたかれ 振り返ると地元の友人でした。
やはり孫の七五三で、この神社で待ち合わせしているとか、
住まいとは遠いこんなところでまさか・と、お互いにビックリしました。
彼女の二人の子供は、ともに我が家の息子たちと同級生なのです。
上の子の方の孫の七五三だと言ってました。
着付けに時間が掛かると言ってたから、きっと女の子だったんでしょうね。
上の子はウチの長男と仲が良くて、ウチにも良く遊びに来ていたので、数十年ぶり、会いたかったけど、、、(おばさん、関係無いか!)


家に帰りお祝いの膳をかこみました、
ママ方では、ママのおばあちゃん・お母さん・妹さんが来てくれました。
ママのおばあちゃんとそれに妹さんとは、暫くぶりの再会でした。
少し耳の遠くなったおばあちゃんでしたが、色んな話ができて、嬉しかったです。
「お互い元気でいて、又お会いしましょう」
次の祝い事、間もなく一歳になる第三子の七五三かしら、あと二年先?かな、
それまで自分も元気でいなくちゃ・と、
改めて色々考えた嬉しい一日でした。

by nyakkpenn | 2018-11-14 20:01 | 自分の事、家族の事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://penn281.exblog.jp/tb/28850420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayame at 2018-11-15 05:17 x
七五三、おめでとうございます。
お孫ちゃんの成長は何よりの喜びですね。
髪も素敵にアップして見事なレディになって♪
女の子は華やかでいいなぁ~と羨ましいです。
我が家の5歳のお祝いは来年です。

昨日は「埼玉県民の日」で丁度良かったですね。
お友達にも会えて~。
お祝い膳の楽しい様子も目に浮かぶようです。
仰るように私も元気で居ないと・・・と思いました。

Commented by nyakkpenn at 2018-11-15 07:42
ayameさん、おはようございます。
お祝いの言葉 ありがとうございます。
お天気に恵まれて良かったです。
女の子って、着物姿が良いですね。
こんな時にしか会えないあちらの家族とも喜び合えて、
孫たちのおかげで楽しい時を過ごせました。

ayameさんの所では、もう来年なんですか、楽しみですね。
他所様の御子さんは成長を早く感じます。
Commented by s-jw at 2018-11-15 09:22
お孫ちゃんの七五三、おめでとうございます。
女の子の着物姿、可愛いですね。
お孫ちゃんがいると、こういう嬉しいことがいっぱいあるのでしょうね。
ママのおばあちゃんということは、お孫ちゃんのひいおばあちゃんになるのでしょうか?
ついつい自分の母と比べてしまって、幸せなおばあちゃんですね。
母もひいおばあゃんになったのですが、曾孫がいることを理解出来ていないのです。
Commented by nyakkpenn at 2018-11-15 13:02
シズコさん、こんにちは
お祝いの言葉ありがとうございます。
何時も元気な子がこんな格好をするとやっぱり女の子だな、
可愛いなあと身びいきですが思いました。
はい、孫のひいおばあちゃんになります。
85歳になるそうです。
耳が少し遠いだけで、見た目も若い感じなんです。
私も、自分の母とつい比べてしまいます、母はもうずっと寝たきりでした。
シズコさんのお母様も曽孫がいらっしゃるんでしたね。
お母様も、傍からみると判らないかもしれませんが、
表現できないだけで心の中では色々判ってらっしゃるんではないかな・と、
母の事を考えると、思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もち麦を使ったパン 落花生の掘り上げと再度干し柿作る >>