<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

続いて焼いたパン

発酵が簡単なこの時期、又パン焼きです。

出かけた時に買って そのまま見向きもされなかった塩漬けトマト。
ミニトマトを塩付けにしたものです。

パン生地に混ぜ込んで焼いてみました。
b0116540_2024469.jpg

強力粉と全粒粉を使い、ヨーグルトも入れました。
陽気の所為か ヨーグルトのせいか、全粒粉を使っても良く発酵しました。
夏はパン焼きの季節ですね。

きょう昼食用に持って行き、半分ほどを一緒のテーブルの人たちに試食してもらいました。
「甘くて美味しいね」の声。
塩付けトマトのはずなのに甘いトマトになっていました。。。。。
  それだけ食べたときは、たしかしょっぱかったはず。
  どうした事でしょう、でも美味しくできたから良しとしましょうか
  出かけたときに又買おうと思います。





先日ブログのお友達のところで見かけた飴、熱中飴。
b0116540_20464333.jpg

スーパーで見かけたので買ってみました。
まだ味見はしてないのですが、、、どんな味なんでしょう。





庭では、今年はミカンが沢山実をつけました。
b0116540_20505930.jpg


一昨年も沢山実を付け、木が疲れてしまったのか 去年は少ししか生りませんでした。
今年は生り過ぎないようにと思い、摘果してみました。
葉25枚で実一つ・と聞いた事があるので、
混みあったところや上向きの実など、少し可哀相ともいながらパチパチとハサミを入れ、
上手に実をつけてほしいものです。 
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-28 20:53 | キッチン | Trackback | Comments(4)

パン焼きは暫くぶり

暑い 暑いとは言いたくないのですが連日のこの暑さに、つい言葉が出てしまいます。

この時間、雷様ピカピカゴロゴロしてるのですが、雨はまだ降ってないようです。
夜雨が降り、熱帯夜から開放されたいのですが、、、これから降るのでしょうか、降って欲しいものです。

きょうは暫くぶりにパンを焼きました。
ぶどうパン
b0116540_19541456.jpg


気温湿度とも高く、発酵をそれ程気にしなくてよいので パン焼きには適した時期なのですが、
人間にはちょっとキツイ時期ですね。


先日図書館で借りてきた本 ”干し野菜のおいしいレシピ” 
ちょっとトライしてみました。
とりあえず手元にあった野菜で、
b0116540_2010476.jpg
b0116540_20101819.jpg
 
大根・トマト・白菜・ピーマン・ズッキーニ・ジャガイモ・エリンギ・キャベツ・なす・オクラ・・・色んな野菜が干せそうです。

問題は、この後の料理でしょうね。
食べられるようにできるのか、無駄にはしたくないと思いつつ。。。
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-24 20:18 | キッチン | Trackback | Comments(2)

ニジマス釣り

ひょんな事から、ニジマス釣りに行くことになりました。

神川町にあるフィッシングセンターへ、
神流川を挟んだV字谷の底にあります。

そこへは 埼玉県神川町から一旦群馬県藤岡市へ、細い山道の先に又埼玉県が現れます。

山沿いの道から、先の見えないほどの急斜面を谷底(?)まで下ります。
車ごと転げ落ちてしまうかと思うほどの急な斜面でした。

斜面を下りながらも道路傍には人家がチラホラ見られます。
急斜面を下り切ると神流川沿いに道路が。


キョロキョロ探しながら川沿いの細い道を進みます。

小さな橋を渡り、到着。
駐車場は広く、山への傾斜面には良く手入れのされた紫陽花が咲いていました。
b0116540_23355695.jpg

そのフィッシングセンターではニジマス釣りのほか水遊び、又バーベキューなど楽しめるようになっていました。

受付を済ませ、釣り場へ
b0116540_23385639.jpg


イケスは綺麗で、魚も良く見えました。
b0116540_23405310.jpg


遠くを見ると沢山の緑に癒されます。
b0116540_23414817.jpg


イケスの直ぐ傍からの急斜面
b0116540_23443984.jpg

周り中深い緑の山の中、それだからこそイケスは綺麗な水なんでしょうね。


貸し竿・餌を含む料金で4匹まで持ち帰れます。
4人で行ったので、16匹になりました。
内臓を処理し一塩をふってもらい持ち帰りました。
帰宅後早速焼いて食しました。美味しいこと、たとえようもありません。


次男夫婦が私たちに付き合ってくれて、思いがけず楽しい一日を過ごせました。
ダブルYさん、ありがとね。
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-23 23:56 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

谷川岳岩壁観賞ハイキング

去年秋に続いて 今年も参加してきました。

臨時快速の「一村一山」号、JRのこのイベントにあわせて運行されます。
b0116540_20295242.jpg

終点土合駅スタート

去年はロープウェイ乗り場に通じる舗装された林道を歩きましたが、今年は駅から歩いて10分ほどの分岐
b0116540_2085889.jpg

こちらの峠方面へと右折、一の倉沢岩壁トレッキングコースを歩きました。

最初のうちは
b0116540_20122457.jpg

舗装された道路より足に優しい落ち葉の道、つねに聞こえる渓流の水音、帽子がジャマな感じの木漏れ日の道、でした。
やっぱり”土”の道はいいですね。

最初のうち見る楽しみだった花々。
b0116540_20192010.jpgb0116540_20194676.jpg
b0116540_2020024.jpg

あちらでもこちらでも山紫陽花が見られました。
一回り小ぶりで色も薄い青色、ここでは今が紫陽花の時期です。

こんなのも見られました。
b0116540_2111579.jpg

紅天狗茸、毒キノコですって。


スタートして小一時間ほどで、マチガ沢出合(新道)
そのうち30度(くらいに感じる)の傾斜、ロープ伝いに登る40度(くらいに感じる)登り坂を這うように登る道。

こういう登りは山の醍醐味なんでしょうが、重い背中を気にしながらやっとロープを頼りに登り 落ちた体力を実感しました。
やっと林道へ。ここからは舗装道。

程なくして前が大きく開け 一の倉沢が。
b0116540_20424653.jpg




ロープウェイで天神平駅へ、
天神平では
b0116540_20483272.jpg
沢山咲いていました。



次に峠リフトで天神峠駅へ。
1,502mの高さですが、周りがガスっていて折角の展望が楽しめませんでした。
雷雨注意報が出ていて、ロープウェイがいつストップするか心配しながらさっさと下りロープウェイへ。

天神尾根を少し歩きたかったのですが、時間的に無理でした。

今日のハイキング、目や耳も満足できました。やっぱり山はいいなァ・実感。
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-17 21:13 | ウォーク・ハイキング | Trackback | Comments(2)

発掘された日本列島2010

江戸東京博物館に行ってきました。
b0116540_2041216.jpg


毎年9,000件を超える発掘調査があるそうですが、そのうち全国的に注目された成果を毎年展示しています。
ひとつひとつじっくり見ながら、ヒソヒソと会話しながら、凄いねぇ~、なんて感心しながら、見進んでいく人の多いこと、平日なのに。
歴史ブームなんでしょうね。
「何でも御質問ください」・とのことで、会場に待機している専門家に解説をお願いできます。


埼玉・黒浜遺跡から発掘された土器
b0116540_20531215.jpg

左側の大きな縄文土器、破損もなく綺麗な形が目をひきました。
上部四隅の穴が気になるのか、聞くとも無く聞いていると、穴を話題にしている人が多かったようです。
穴に紐を通して吊るすだの・ただの飾りだだの・みんな色々妄想しているようです。
縄文時代ですから2,000年以上前の土器、
カタチも模様も素晴らしく 見ていて飽きません。昔の人・って凄かったですね。



卑弥呼の館か・と話題の巻向遺跡の解説と出土品も展示されてました。
b0116540_21115218.jpg

吉備系・北陸系・東海系の甕、この時代すでに他の地方からこの地に入っていたものです。
1,800年以上前に、他の地方から物資が流入するほどの権力を持った人たちがいたのでしょうか、、、色々想像するのも楽しいものです。




”キトラ古墳・高松塚古墳の保存と活用”のコーナーもありました。
キトラ古墳石室 朱雀の描かれた壁。
b0116540_21334130.jpg





壁画が描かれている漆喰の剥離やカビなどで傷んでしまい、その修理保存のため壁画を剥がしたのですが、
その時使われた道具も展示されました。
b0116540_21313880.jpg
 
ダイヤモンドの粉を使うと書いてありました。
道具も技術も進歩して 修理も進むのでしょうね。
修理が終わったら明日香村で保存されるようですが、いつか現物にお目にかかりたいものです。




帰りに国技館によりました。
b0116540_22245354.jpg

館内は見られませんが、相撲博物館には入れました。
出雲の国譲り・平安時代や江戸時代の相撲・関連文書など展示されていました。
会場の一角に設置されたテレビでは 千代の富士の取り組みが流れていました。
「強かったんだよね」見ていた年配者の声です。
そうそう、あの頃の相撲は面白かったですね、今は相撲以外の色々な話題でいっぱいですが。。。

朝青龍と千代大海の引退相撲のポスターも見かけました。
書類送検された元横綱とギャンブルの疑惑が取りざたされている佐野山親方。

大相撲、早く立ち直り日本人力士にもっともっと頑張って欲しいと思いながら帰ってきました。
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-14 22:49 | Trackback | Comments(2)

日光ハイキング

昨夜の 大きな音を立てて降っていた雨もなんのその、今朝はすっきりと晴れ上がりました。


”行く度に新発見!日光探勝ハイキング” に参加です。
JR日光駅受付のはずが、東部バス営業所受付に変わったようでした。
駅の間を行ったり来たり、、、しました。
駅の途中に居た案内人のおにいさん、「東武日光駅に居て案内しなくちゃだめよ、判らなくて駅を行ったり来たりする人も居るんだから」旅先でも”おばさん” 発揮しちゃいました。

受付場所には、沢山の人・人・ひと。
きょうは、JRの他に、東武鉄道健康ハイキングも一緒なのです。
受付開始時間待ちで並んでいました。

カンカン照りの中、「早く受付開始してくれればいいのにね」、なんて会話。
結局開始予定時刻の5分前に受付開始しました。
炎天下でこんなに沢山待ってるんだから、少し融通を利かせてくれればいいのに・。


霧降大橋を渡った東武営業所をスタート、白ヶ石橋を渡って日光木彫りの里工芸センターへと進みます。
こちらでは、冷たい麦茶の接待をいただきました。
数え切れない程の多くの参加者、いつ終わるともわからない参加者への地元の方からのサービスに 本当に頭が下がります。



稲荷川橋を渡り右折、稲荷川沿いに進みます。
b0116540_21364230.jpg

流石に日光、大きな杉
b0116540_21474774.jpg



石畳の道を進み、滝尾神社へ。
b0116540_21502084.jpg


滝尾神社から白糸の滝、行者堂、石の道を下り二荒山神社へ石畳の道が終わり、周りを見る余裕もうまれました。
b0116540_2158552.jpg



表参道を進み
b0116540_2205191.jpg


東照宮は今回はパス
b0116540_2201153.jpg

輪王寺も今回はパス
b0116540_2235626.jpg

ゴールでは参加記念の、可愛らしいポーチをいただきました。
ゴール受付台の後ろに積み上げてある沢山の”箱” この箱の中にポーチが入っているかと思うと、今回の参加者の多さが判ります。


大谷川沿いに駅へと歩きます。
日光の象徴のような神橋を見ながら
b0116540_2295180.jpg


神橋渡りはパス。


今回はパスが多かったようです。
時間やお金の余裕があるときに、又来ましょう。
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-10 22:16 | ウォーク・ハイキング | Trackback | Comments(2)

暫くぶり

ゲリラ豪雨がアチコチで暴れています。
梅雨にはそこそこの雨を期待していますが、、、テレビの報道での あのような局地的な豪雨、崖崩れ、土石流、市街地での床上浸水、、被災された方は、本当にお気の毒です。



キャットフードを買いにでかけたお店で 思いがけずに見かけた”新生姜” この時期ならではの野菜、つい籠に入れてしまいました。


甘酢漬けは先月作ったものがまだ冷蔵庫に、で、、、
今回は佃煮に挑戦。
薄切りの生姜を二度ほど茹で溢し、
事前に用意しておいた椎茸や昆布と一緒にコトコト煮込みます。
中弱火でコトコト・コトコト、水分がなかなか減りません。。。


ガス台に鍋が架かっている事をを忘れるくらいの感じでした。
b0116540_224339.jpg




キッチンを片付けていて見つけた”早煮昆布” 賞味期限が迫っていたため 食べてしまおうと煮ました。
b0116540_2265688.jpg
手元にあったゴボウと一緒に。
半分を冷凍に、残り半分を冷蔵庫に入れ、少しずつ火を通しながら食べて行こうと思っています。


きょう夕方、いんげんを届けてくれた姉に 生姜佃煮をおすそ分けしたのですが、
先ほど、美味しかったよ・と嬉しい電話。

手作りのものを喜んでもらえて、こちらも嬉しくなりました。

b0116540_22224821.jpg
4月末に生まれた猫の子、2ヶ月を越えて大きくなりました。
名前を付けると手放せない、、、と思い、名前はありません。
可愛いと思いながらも いつでも手放せるのですが、、、
なかなか貰い手がみつかりません。。。
[PR]
by nyakkpenn | 2010-07-08 22:31 | キッチン | Trackback | Comments(2)