<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏至

梅雨の中休み、晴れの暑い一日でした。
近くの気象台では35度を超えたそうです、まだ6月半ばですから先が思いやられますね。
節電のこの夏 この猛暑どうなってしまうのでしょう、夏を乗り切ることができるでしょうか心配です。



紫陽花がやっと色付いてきました。
b0116540_2174151.jpg
このほかにも何本かあるのですが、それらはまだ白いまま。
今年は色付きが遅いように感じます。




こちらは秋に咲くはずの萩がもう咲き出しました。
b0116540_21132072.jpg
こちらは咲き出しが早いようです。
道路拡幅のため周りの植木を引き抜いたため これも無くなってしまったと諦めていました。
春先に出た芽を見たときは一安心、残った少しの根が生きていたようです。
それが花をつけたのですから嬉しくなってしまいます。
[PR]
by nyakkpenn | 2011-06-22 21:32 | Trackback | Comments(2)

すったて

梅雨入りは早かったのですが、今年は連日の雨降りというのではないようです。
降ったり曇りの日があったり、時にはお天道様も顔をだしてくれ、昔の梅雨とは少し違ってきたように思います。


6月に入り大葉がだいぶ大きくなってきました。

そこでこの地方でのこの時期の食べ物、大葉無しでは作れない冷汁、
我が家では”すったて”と言ってるのですが、やっと作りました。
材料は、ゴマ・きゅうり・大葉・生姜・味噌・・・などです。
b0116540_1924340.jpg

ゴマを擂った鉢に材料をみな入れてもう一度するだけの簡単料理。
b0116540_19111771.jpg


家庭による違いはあるものの、材料は大きく変わりません。
砂糖を入れる家もありますし、生姜無しで作る人もいます。
キュウリや大葉はすらない家も多いようです。

出来上がり
b0116540_1914427.jpg
我が家はこのままタッパに移し冷蔵庫で保管。

食べるときに、食べる量だけ各自出汁で薄めます。
タッパで冷蔵庫に入れておけば日持ちはするし、思いついたらすぐ食べられるので簡単~。

地方によって、暖かい御飯にかける料理もあるようですが、
我が家は専ら冷麦やそうめんの御汁で食べます。

シーズンに何度作るかわからないほど我が家では好物です。
大葉も沢山使うので、大葉の成長を待っていたわけです。
暑い夏にはこれが一番です。



b0116540_19252332.jpg

[PR]
by nyakkpenn | 2011-06-12 19:27 | キッチン | Trackback | Comments(2)

ランチュウ

ひょんなことから、ランチュウを飼うことになりました。
小さな子どもで3・4センチくらいの大きさのもの5匹。

以前メダカを飼っていた時に使ったケースがあったので、とりあえず住まいはそのケースに。
b0116540_16544291.jpg


一緒に貰った粒粒の餌を与えると、可愛くて見ていて飽きません。
水面に浮いてる餌をパクっとした後に、お口から泡をパクッと吐き出すのです。
餌をパクっと口に入れ、その口から泡をパクっと出し、餌をパク、泡をパク、お尻にフンをつけたままみんなでパクパクやっています。
可愛らしくて面白い。
底に敷く砂利は買ったのですが、水の循環装置は以前処分してしまったので用意しなくてはならないかなぁと思っています。
小さいうちは無くても大丈夫だよ・とは言ってもらえたのですが、、どうしたものでしょうか。


我が家には天敵(?)が何匹もいるので
b0116540_17122694.jpg
コレにも気をつけなくては。
この子は4月に生まれました。
草取りのときに使う桶がお気に入りで、よくあと一匹の兄妹と2匹丸くなっています。
きょうはひとり、昼寝を起こしてしまったので可愛い顔をしてくれません。


友人から戴いた山紫陽花が咲き出しました。
b0116540_17265385.jpg

大きくなると思っていたら、木自体は大きくならないようです。
鉢で栽培して楽しむようです。庭の紫陽花とはだいぶ違いますね。
[PR]
by nyakkpenn | 2011-06-10 17:28 | Trackback | Comments(2)

6月

今日から6月、涼しくて・寒くてとても実感できません。
でも愚図ついたお天気は6月そのもの、今年は早い入梅です。

梅雨の合間の曇り空、午前中は雑草と格闘。
頭の片隅にいつも草取りを置いておかないと、思いついたときにせっせと頑張らないと、
何時の間にやら雑草びっしりになってしまいます。
雨で雑草の生長が早い、雨で草取り出来ない、困った季節になりました。

午後図書館へ。
永井路子著「氷輪」上・下、原田隆之著「皇位の呪縛」、森真沙子著「廃帝」、稲田多佳子著「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ基礎ノート」
5冊借りてきました。

古代から抜けられなくて、どうしても古代のものを借りたくなっています。
「氷輪」は2度目。
その時代の登場人物や人間関係もだんだんと判ってきたので、
以前読んだ時よりはいくらか判り易いかなと期待しています。

お菓子の本、カロリーを考えると作るのは躊躇してしまいそう。
見て楽しむことになりそうです。
[PR]
by nyakkpenn | 2011-06-01 21:18 | Trackback | Comments(2)