<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寄り道

先日の名古屋からの帰りにちょっと足を延ばして、奈良へ寄り道してきました。
行きたいところが沢山あって迷いましたが、時期的にちょうど良い頃かと桜の名所の吉野へ。

山の中の閑静なところだと勝手に思い込んでいましたが、平日にかかわらず近鉄吉野線の車内は満員。
殆どの乗客の目的地が終点・吉野駅でした。
駅前は土産物店が並び、電車から降りた人でごった返しており、
ケーブルに乗る為の長い列、又中腹に向かうバス乗り場にも長い列が続いてて本当にビックリしました。

日本一の桜の名所として有名な吉野は、馬の背のような山に約三万本もの桜が咲き、下千本から中・上・奥千本へと開花が移り 長い期間お花見が楽しめるそうです。

取り敢えずケーブルで七曲口を上がり、桜を楽しみながらウォーキング。

世界遺産登録の金峯山寺を見学。
蔵王堂
b0116540_21225861.jpg

ちょうど秘仏本尊特別ご開帳期間でしたので、御参り。
千円で本堂内へ、珍しい青い大きな仏像(金剛蔵王大権現)でした。重要文化財になっています。

この蔵王堂は木造建築では東大寺大仏殿に次ぐ大きさで、現在の建物は室町時代の建築、国宝です。
建物は蔵王堂のほかには、仁王門・観音堂・鐘楼・神楽殿・南朝妙法殿・仏舎利宝殿・・・・沢山。
南朝妙法殿
b0116540_21313753.jpg



ゆっくり見学、お庭でお茶を飲み一休みして、先へ進みました。
人の流れに沿って歩きます、道の両側には柿の葉寿しや土産物の売店が続き、桜の苗木も売ってましたね、
欲しかったけど荷物になることを思うと買えませんでした。
そうそう腹痛の薬も売ってて、地元の漢方胃腸薬でしょうか。
  (調べてみたところ、あの役行者に関係してる生薬だそう、、、買ってくれば良かったかな。)


世界遺産 吉野皇居・吉水神社
b0116540_21483834.jpg

後醍醐天皇の行宮であり、義経が潜入したところであり、豊太閤の花見の本陣として使われたりと歴史的にも大変重要なところ。
そしてここも遡ると白鳳年間の役行者の創立だそう。

つい先ごろ後醍醐天皇の本を読んだばかりで、歴史上の本の中の事が現実味を帯びてきました。


境内に中千本・上千本が一望できるところがあり、『一目千本』の看板。
b0116540_2214052.jpg



この日はここでUターンしました。
帰りはケーブルを利用しないで、七曲を歩きで。
b0116540_2222536.jpg
b0116540_22233586.jpg
桜の下の道を歩かない手はありません、ケーブルでは勿体無いですよね。














b0116540_22301982.jpg
午後早めに戻ったので、駅は朝ほどの人ごみはありません。
それでも特急券売り場は長い行列。
暫らく並びましたが中々進まないので、特急は諦めました。
発車案内版は大阪行きの案内のみ。
奈良へ向かうにはどうしたらいいのか聞いたところ、大阪行きの電車でいいそうでした。
土地勘が無いってのはこういうとき困ります。

発車時間まで時間があるので乗り込む人はまだ少なく、座れました。
(座れれば特急じゃなくてもいいよね、特急券代助かりました。)

次来るときは宮滝まで歩きたいなと思いながら、座れた電車の中でパンフレットとにらめっこしました。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-04-24 22:47 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

花いっぱいと右手

暫らく家を空けていましたが、昨日帰ってきました。
今朝、庭(といっても猫の額ほどなのですが)へ出てみてビックリ。
コンテナの花といい、地植えのビオラといい水仙といい、みんな満開になっていました。
b0116540_16101236.jpg

出かける時には影も形もなかった花ニラやムスカリが花壇の周りに咲き、やっと芽が出たころのデルフィニウムが大きくこんもりとしています。

柏葉紫陽花も大きく葉を伸ばしてました。
b0116540_16124073.jpg


牡丹も蕾をつけていて驚きましたが、考えたらもう(考えなくてもだけど)4月下旬なんですものね。
b0116540_16274481.jpg

牡丹や芍薬は じきに花の季節です。


ご心配いただいてる手の具合ですが、
ギブスをしていては余りに不便この上ないのです。
食事をするのも、又食事の支度や後片付け、諸々。
暫らく娘のところに居たのですが、赤ちゃんのオシメも取り替えられない始末でした。

仕事らしい仕事もしてないですし、痛さも感じなくなったので先週思い切ってギブスをはずしてみました。
転ばないように一歩ずつしっかり歩くこと、でもこれはギブスをしていた時にも注意してましたね。
転んで手でもついたらもうお仕舞いですもの。

右手に力を入れなくて済むように工夫してみたり、重いものは持たないように気にしたりしながら 少しずつ出来そうな事を増やしてみました。
でも、ギブスがないと、動作が本当に楽。

というわけで、右手の怪我は回復しつつあります。
ブログでお付き合いのある方々から色々ご心配いただきました。
有り難うございました。
[PR]
by nyakkpenn | 2012-04-21 19:09 | ガーデニングと家庭菜園 | Trackback | Comments(2)